スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災への心構え 会社、家

●帰宅困難者対策、一斉帰宅抑制を徹底化 ―都は備蓄を努力義務化、民間施設を活用

国や首都圏の自治体、関係団体などで構成する「首都直下自身帰宅困難者等対策協議会」(経堂座長=原田保夫・内閣府政策統括官(防災担当)、猪瀬直樹・東京都副知事)は9日、第3回の会合を開き、中間報告案を示した。災害発生の際には、一斉帰宅を抑制することを基本とし、民間企業による備蓄の推進などを定めている。民間企業を一時滞在施設として活用促進することも示し、災害発生時に民間の自助と共助が必要との考えを示した。

第2回の会合で示した「一斉帰宅抑制の基本方針」に基づき、帰宅困難者が「むやみに移動を開始しない」という基本原則を徹底する。そのため、災害時のための備蓄や家族との安否確認手段の確保などについて、民間企業も取組みを進める必要があるとしている。東京都の「帰宅困難者対策条例案」では、駅や集客施設における利用者保護や3日分の飲料水・食糧等の備蓄などを努力義務化している。

一時滞在施設には、集会場、オフィスビルのエントランスホール、ホテルの宴会場なども想定に入れ、帰宅困難者の受け入れ先として民間施設を確保する方針を示した。一時滞在施設として指定された建物の管理者は、備蓄品の分配、災害関連情報の提供、要介護者・急病人などへの対応が求められる。

協議会は、一時滞在施設の運営についてのガイドラインを作成し、国、地方自治体、事業者の役割分担などを示す方針。官民連携による帰宅困難者対策の具体的な検討を今後も進め、最終報告を今夏から秋頃までに示す予定。

(平成24年3月12日 日刊不動産経済通信より)



昨日は震災から1年、全国で追悼イベントや防災訓練などが行われていた。

近頃はメディアにおいても東日本大震災の被災者を悼むだけでなく、東日本大震災の反省を踏まえた上で、近々くるであろうとされる首都直下型大地震に対しどう備えるか、ということに焦点が置かれたものが増えている。

地震が起きたらまずどうするか、机などの下に隠れるというのが定説だったけれど、識者によっては「ドアなどが変形して閉じこめられる前に外に逃げろ」という説もある。会社の備蓄として、食料品はとりあえずどうにかなるから発電機を常備しろという説もある。

帰りたいけど帰っちゃダメ、電話は使うな等々、脊髄反射とは反対の事ばかり。
これらの対応策はどこまで徹底されるかが肝。誰かが「自分だけは」と輪を乱せば、みんな「自分だけは」と流されること必至。むずかしいところだ。


震災を経て、不動産の需要傾向にも変化が。


●住宅購入の動機に「実家が近い」が浮上

 地盤や地歴などを考慮するユーザーも増えた。ポラスグループはホームページ上で地盤の特性や評価、土地履歴を知る資料、これまでの地盤への取組みなどを公開した。日本住宅建設産業協会では、「戸建地盤履歴書」に関する検討を始めている。

 コミュニティや絆の重要性が再確認されたのも、震災がもたらした変化の一つ。複数のデベトッパーが、住宅内覧・購入の動機として「実家が近い」「地縁がある」を挙げる割合が従前に比べて増えていると口を揃える。入居者や地域との交流をウリにしている「シェアハウス」も人気。明和地所では震災後、コミュニティの仕掛けとして生活備品をシェアできる倉庫などを設けたマンションを発売した。リブランは、入居者などが加入するコミュニティクラブで震災後新たに「tomoni」プロジェクトを開始。珪藻土の壁塗りや「緑のカーテン」シードバンクなど、一人ではできないことを相互扶助することでつながっていく仕組みの構築を試みている。

(平成24年3月9日 日刊不動産経済通信より抜粋)




阪神大震災にしても東日本大震災にしても、やっぱり地震の怖い所は生活の基盤が失われてしまうこと。

家族あるいは地域住人によるコミュニティとの「絆」ってのが重要視されるようになったのはこの1年間での大きな変化だと思う。


にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【いまはまだ鑑定を語らず】

●帰宅困難者対策、一斉帰宅抑制を徹底化 ―都は備蓄を努力義務化、民間施設を活用 国や首都圏の自治体、関係団体などで構成する「首都直下自身帰宅困難者等対策協議会」(経堂座長=原田保夫・内閣府政策統括官(防災担当)、猪瀬直樹・東京都副知事)は9日、第3回の会?...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも一覧

不動産鑑定士

ゴッドな日々\(^o^)/

ミニクーパー乗りのひとり言

マスターズスプリンター ふじたんのグダグダ日記
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

すえはるCX

Author:すえはるCX
30歳の不動産鑑定士。
まだまだ若いつもりでも、体は言う事ききません。
久々にやった体操で、アキレス腱を切っちゃったり。
体の衰え隠すため、筋トレなんかもしなくちゃね。
何事も経験経験。アキレス腱だって治るもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。