スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「そして父になる」

映画「そして父になる」

主人公は一流企業に務める会社員(福山雅治)
妻と子にも恵まれ何不自由ない生活
しかし、小学校の入学を控えたある日、子供を生んだ病院からとんでもな事実を告げられる

実は子供は出生時に取り違えられ、彼の子供は別の夫婦の子供であり、その別の夫婦の子供として育てられているのが主人公の血の繋がった子供だった

そんな話
これ以上はネタバレになるので省略

子供は親を選べないと言うけれど
親に子供を選ぶ権利があるわけじゃあない
育ててきた子供
血の繋がった子供
どちらも「本当の子供」であることに違いはない

この映画は「取り違え」という特殊な状況を描いているけれど、 今や日本人の4分の1が離婚する時代、 主人公が置かれた状況は必ずしも絵空事ではない
自分の子供との別れであったり連れ子であったり

家族になること

家族であること

考えさせられる映画

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも一覧

不動産鑑定士

ゴッドな日々\(^o^)/

ミニクーパー乗りのひとり言

マスターズスプリンター ふじたんのグダグダ日記
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

すえはるCX

Author:すえはるCX
30歳の不動産鑑定士。
まだまだ若いつもりでも、体は言う事ききません。
久々にやった体操で、アキレス腱を切っちゃったり。
体の衰え隠すため、筋トレなんかもしなくちゃね。
何事も経験経験。アキレス腱だって治るもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。