スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナースでお見舞い

大学の先輩が100万人に1人という奇病にかかり入院したという
脳の静脈に血栓ができたらしい

来月結婚式を控えている中、実に災難だ
在学中いろいろお世話になったこともあり、様子を見るべく、お見舞いに行くことにした


入院しているのは都内の大学病院
受付で部屋を尋ねる

高まる緊張

先輩の病室のあるフロアに到着
ナースさん達が忙しなく働いている
あの一番奥が先輩が入院する部屋だ

僕はトイレに入った


手に持っていた紙袋から衣装を取り出し着替えた


ナース服だ


想像してほしい
病院でナースのコスプレをする緊張感たるや!


トイレを出て目的の病室に向う
ナースさん達のどよめきが聞こえる
振り向くと心が折れそうなので何も聞こえないふりをして歩みを進める

病室に到着
先輩のベッド前に先客がいる
が、ここへきて今さら引き返せない

先客達の間に割り込み、「○○さーん、お加減いかがですかー?」

戸惑う先客達
そして先輩も絶句
「お、お前・・・」

先客達は「それじゃ、私たちは・・・」と病室を後にしてしまった


先輩から聞くところによると
先客達は先輩のご両親、そして来月結婚する新婦さんのご両親だったそうだ

結婚式を控えて入院という状況の中、結婚式が挙げられるのか、先輩の治療の進捗状況に照らして話し合いをしているところだったそうだ

何たるタイミング
両家の軋轢の原因とならないことを願おう



部屋付きの看護士さんがやってきた
あれ?何か怒ってる?
後輩だという旨を説明
「通報が入るところでしたよ!」
シャーっとカーテンを閉められた
「向かいのビルから見えますから」
ブラインドも閉められた



先輩と20分ほど病気の状況など雑談を交わし、帰り際、待ち合い室に座っていた両家ご両親に挨拶をした
(もちろん、着替えた後だ)

先輩のお母さんは
(この病院にもこういう趣味のナースさんがいるのね、受け入れよう)
と自分に言い聞かせていたらしい

改めて
先輩の早い快復と
幸せな結婚生活を願いまする
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
FC2カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも一覧

不動産鑑定士

ゴッドな日々\(^o^)/

ミニクーパー乗りのひとり言

マスターズスプリンター ふじたんのグダグダ日記
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

すえはるCX

Author:すえはるCX
30歳の不動産鑑定士。
まだまだ若いつもりでも、体は言う事ききません。
久々にやった体操で、アキレス腱を切っちゃったり。
体の衰え隠すため、筋トレなんかもしなくちゃね。
何事も経験経験。アキレス腱だって治るもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。